オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ、 オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダOB会

オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダOB会は、早稲田大学オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ学生によるタンゴ演奏サークルのOBによって活動しています。

日々「アルゼンチン・タンゴ」を聴き、研究し、演奏をしています。

 

1951年に「早大タンゴ・バンド」として誕生し、翌年、当時アルゼンチン大使館の書記官で、日本タンゴ界の発展に尽力されていた、ファン・ホセ・オルティス氏によって「オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ」と命名され現在に至ります。

戦後まもなくまで日本はタンゴブームで、多くの大学にタンゴサークルがありましたが、それも次々と姿をなくし、今ではタンゴ・ワセダだけになってしまいました。

私達タンゴ・ワセダは、学生唯一のタンゴサークルとして、タンゴに新しい風を取り入れつつ、その魅力を広く伝えていきたいと思っております。